肛門挙筋の解剖学、機能および図ボディマップ

肛門挙筋の解剖学、機能および図ボディマップ

肛門挙筋は、恥骨直腸筋、恥骨尾骨筋、腸骨尾骨筋で構成されています。 肛門挙筋は、尿の制御を支える構造として機能します。 膀胱、尿道、前立腺(男性の場合)に加えて、肛門挙筋は骨盤内臓器をサポートする上で重要な役割を果たし、尿失禁(( もっと 肛門挙筋の解剖学、機能および図ボディマップ

肛門挙筋症候群:症状、原因および治療

概要肛門挙筋症候群は、非弛緩性骨盤底機能障害の一種です。 これは、骨盤底の筋肉がきつすぎることを意味します。 骨盤の下部は、直腸、膀胱、尿道を支えています。 女性では、子宮と膣もサポートします。 肛門挙筋症候群は女性によく見られます。 その主な症状は、けいれんによって引き起こされる直腸の絶え間ないまたは頻繁な鈍い痛みです… もっと 肛門挙筋症候群:症状、原因および治療

Levator Labii Superioris Alaeque Nasiの解剖学、機能および図ボディマップ

上唇挙筋は、鼻孔を拡張して上唇を持ち上げることを主な目的とする筋肉です。 このアクションは、エルビス・プレスリーによって祝われ、「エルビス・マッスル」というニックネームを獲得した「うなる」表情を可能にします。 神経は顔の頬枝に由来し、この筋肉は上顎の上部前部に由来します。 その後、垂直に下降して分割します… もっと Levator Labii Superioris Alaeque Nasiの解剖学、機能および図ボディマップ