喉頭がんのステージ4平均余命:段階的な手順、種類、リスク

口腔がんと咽頭がんの平均余命喉がんは、口腔と咽頭のがんの一種です。 これらには、喉、扁桃腺、舌、口、唇のがんが含まれます。 咽頭は喉とも呼ばれ、鼻から食道まで伸びる筋肉の管です。 ステージ4は咽頭がんの最も進行したステージです。 この意味は… もっと 喉頭がんのステージ4平均余命:段階的な手順、種類、リスク

染みはどのくらい続きますか? 着床、妊娠など

概要スポットスポッティングは、通常の期間ではない非常に軽い膣からの出血に使用される用語です。 多くの場合、枕、タンポン、または月経カップが必要になるほど重くない数滴の血液として説明されます。 月経以外の出血は本当に憂慮すべきことですが、ほとんどの場合、心配することは重要ではありません。 いくつかの理由があります… もっと 染みはどのくらい続きますか? 着床、妊娠など

腎臓がん:平均余命と病期別の予後

がんの病期は? 腎臓がんと診断された場合、医師は段階的な配置手順を実行します。 放出は、その位置とそれがどこまで広がるかという観点から癌を説明する方法です。 これは、医師が最善の治療方針を決定するのに役立ちます。 ハイライトすることで、医師は人が回復したり見たりする能力を予測することもできます。 見通しについて… もっと 腎臓がん:平均余命と病期別の予後

鼻炎の薬:症状の持続時間、治療など

鼻炎の治療法は何ですか? 鼻粘膜が炎症を起こして炎症を起こしている場合は、鼻炎を患っている可能性があります。 それがアレルギー(アレルギー性鼻炎)によって引き起こされるとき、それは干し草熱として知られています。 この状態のあまり一般的ではない形態は、再発性うっ血としても知られている薬物性鼻炎です。 これは、鼻うっ血除去薬を使いすぎると発生する可能性があります。 それ以外の … もっと 鼻炎の薬:症状の持続時間、治療など

HIVと共に生きる人々の平均余命は改善し続けています

HIVより年上の人々として、彼らは健康な高齢者が直面しているのと同じ問題に直面しています。 今年初め、ジョージタウン大学の研究者は、71歳の男性がアルツハイマー病と診断された最初のHIV患者であると発表しました。 この主張は、カリフォルニア大学神経学部の老年医学の准教授であるビクター・ヴァルクール博士によって争われました… もっと HIVと共に生きる人々の平均余命は改善し続けています

COPDの平均余命と外観:知っておくべきこと

概要米国では何百万人もの成人が慢性閉塞性肺疾患(COPD)を患っており、同じくらい多くの成人が発症しています。 しかし、多くの人は気づいていません、と国立心臓研究所と血液研究所は言います。 多くの人がCOPDについて抱く質問のXNUMXつは、「COPDと一緒にどれだけ長く生きることができるか」です。 正確な寿命を予測することはできませんが… もっと COPDの平均余命と外観:知っておくべきこと

骨肉腫のグレード4の平均余命:病期の種類とシステム

アメリカ癌協会によると、骨肉腫の最も進行した段階の27年相対生存率はXNUMXパーセントです。 骨肉腫は最も一般的なタイプの骨肉腫です。 生存率は、特定の母集団から一定期間にわたって収集されたデータに基づいていることに注意してください。 平均余命に寄与する要因は人によって異なります。 そして統計モデルながら… もっと 骨肉腫のグレード4の平均余命:病期の種類とシステム

致命的なガラガラ:癌、持続時間、治療および呼吸

死前喘鳴とは何ですか? 時々、愛する人が重病であるとき、あなたは死が近いという兆候のいくつかを知っているかどうか疑問に思うかもしれません。 愛する人の死を考えることや見ることは決して簡単ではありませんが、人が死にかけていることを示す可能性のあるいくつかの症状があります。 例としては、「ガラガラ」としても知られる終末呼吸分泌物があります もっと 致命的なガラガラ:癌、持続時間、治療および呼吸

NSCLC治療の期間:化学療法、放射線およびそれ以降

概要非小細胞肺がん(NSCLC)と診断されたら、主な焦点は自分の状態を治療することです。 しかし、最初に、あなたの医者はあなたの癌についていくつかのことを知る必要があります。 NSCLCは、がんが発生した細胞に基づいて40つの主要なタイプに分類されます。腺がんはNSCLCの最も一般的なタイプです。 それはすべての癌のXNUMXパーセントを占めています… もっと NSCLC治療の期間:化学療法、放射線およびそれ以降

さまざまな地域の平均余命

一部の郡で今日生まれたアメリカ人は、国の他の地域の人々よりも20年少ない生活を期待することができます。 そして、今月JAMA内科で発表されたレポートによると、その寿命のギャップは1980年以来拡大しています。 2014年の平均余命は、サウスダコタ州とノースダコタ州のいくつかの郡で最低でした… もっと さまざまな地域の平均余命