腎臓がん:平均余命と病期別の予後

がんの病期は?

腎臓がんと診断された場合、医師は段階的な配置手順を実行します。 放出は、その位置とそれがどこまで広がるかという観点から癌を説明する方法です。 これは、医師が最善の治療方針を決定するのに役立ちます。

ハイライトすることで、医師は人が回復したり見たりする能力を予測することもできます。 見通しは、生存率の観点からしばしば語られます。 たとえば、XNUMX年生存率とは、癌と診断されてから少なくともさらにXNUMX年間生きた人の割合を指します。

病期ごとの生存率を知ることは、腎臓がんの進行に基づいた見通しを理解するのに役立ちますが、状況は人によって異なります。 生存率は、他の危険因子とともに、治療にどれだけうまく反応するかによって影響を受けます。 これは、後の段階で癌を患っている人は、前の段階で癌と診断された人よりも長生きする可能性があることを意味します。

腎臓がんの病期とその意味について詳しく学びましょう。

腎臓がんはどのように診断されますか?

医師が腎臓がんを発症するために使用するXNUMXつの方法は、TNMシステムと呼ばれます。

  • Tは、原発腫瘍のサイズと、それが周囲の組織に影響を及ぼしているかどうかを示します。
  • Nは、がんがリンパ節にどの程度広がっているかを特定するために使用されます。
  • Mは、がんが他の臓器またはより離れたリンパ節に転移または拡がっているかどうかを示します。

たとえば、がんがT1、N0、M0であると言われた場合、片方の腎臓に小さな腫瘍がありますが、リンパ節や臓器には広がっていないことを意味します。

指定TNMCharacteristicsTX主要腫瘍は測定できませんT0主要な識別された主要腫瘍T1主要腫瘍は片方の腎臓にのみ存在し7cm未満、つまり3インチ未満ですが、主要なT2主要腫瘍は片方の腎臓にのみ存在し7cmを超えます。 T3主腫瘍は主静脈に成長し、近くの組織T4主腫瘍は腎臓の外側の組織に到達しましたリンパ節のNX腫瘍は測定できません腫瘍がリンパ節に広がったという証拠はありませんN0-N1腫瘍は近くのリンパ節に広がっています。 数値が大きいほど、MXのがんの広がり(転移)の影響を受けたリンパ節を測定できませんM3腫瘍が他の臓器に転移していないM0腫瘍が他の臓器に転移している

腎臓がんには、1から4までのいくつかの病期を割り当てることもできます。これらの病期は、類似した外観のがんを特定するため、同様の方法で治療されます。 一般的なガイドとして、ステージ数が少ないほど回復の可能性は高くなりますが、状況はそれぞれ異なります。

フェーズ1

フェーズ1は最も攻撃性の低いフェーズであり、1年生存率が最も高くなります。 TNMシステムによると、癌性腫瘍は最初の段階では比較的小さいため、T0マークを取得します。 腫瘍は片方の腎臓にのみ現れ、リンパ節や他の臓器に転移したという証拠はないため、N0とMXNUMXのマークが付けられます。

ステージ1では、腎臓がんが切除される可能性が高く、それ以上の治療は必要ない場合があります。 回復の可能性は高いです。 1期の腎臓がんのXNUMX年生存率は 81位、これは、100人のうち、ステージ81の腎臓がんと診断された1人が最初の診断からXNUMX年後も生きていることを意味します。

フェーズ2

フェーズ2はフェーズ1よりも深刻です。この段階では、腫瘍は7センチメートルを超えていますが、腎臓にのみ現れます。 現在はT2と見なされています。 ただし、フェーズ1と同様に、近くのリンパ節や他の臓器に転移したという証拠はないため、N0とM0も考慮されます。

ステージ1と同様に、ステージ2の腎がんは切除される可能性が高く、それ以上の治療は必要ない場合があります。 ステージ2の腎臓がんのXNUMX年生存率は 74位これは、100人のうち、ステージ74の腎臓がんと診断された2人が診断されてからXNUMX年後も生きていることを意味します。

フェーズ3

TNMシステムは、ステージ3の腎臓がんの3つのシナリオを説明しています。 最初のシナリオでは、腫瘍は大きな静脈と近くの組織に成長しましたが、近くのリンパ節には到達しませんでした。 これはT0、N0、MXNUMXと呼ばれます。

1番目のシナリオでは、腫瘍のサイズは任意であり、腎臓の外側に現れる可能性があります。 この場合、癌細胞も近くのリンパ節に侵入しましたが、それ以上は進みませんでした。 T3-T1、N0、MXNUMXと見なされます。

どちらの場合も、治療は積極的になります。 がんがリンパ節に達した場合は、外科的に切除することができます。 ステージ3の腎臓がんのXNUMX年生存率は 53位、これは、100人のうち、腎臓がん53と診断された3人が診断後XNUMX年以上生きることを意味します。

フェーズ4

グレード4の腎臓がんも4つの方法で分類できます。 最初に、腫瘍は成長し、腎臓の外側の組織に到達しました。 近くのリンパ節に広がる場合と広がらない場合がありますが、まだ転移していません。 この場合、指定はT0、任意のN、MXNUMXです。

第二に、腫瘍は任意のサイズであり、リンパ節にあり、他の臓器またはさらなるリンパ節に転移する可能性があります:任意のT、任意のN、M1。

この段階でのXNUMX年生存率は低下しています 8位これは、100人のうち、癌と診断された8人4は、診断を受けてからXNUMX年後も生き続けることを意味します。

TNMと学位の関係

ラベルフェーズとTNMフェーズは関連しています。 たとえば、フェーズ1にM1というラベルが付けられることはありません。 以下は、各段階で見つけることができるTNMラベルです。 チェックマークは、この段階でTNM指定が可能であることを示します。

フェーズ1ステージ2ステージ3ステージ4T1、N0、M0✓T1、N0、M1✓T1、N1、M0✓T1、N1、M1✓T2、N0、M0✓T2、N0、M1✓T2、N1、M0✓T2、N1 M1✓T3、N0、M0✓T3、N0、M1✓T3、N1、M0✓T3、N1、M1✓T4、N0、M0✓T4、N0、M1✓T4、N1、M0✓T4、N1、M1✓

外観に影響を与える要因

いくつかの要因ができます より低い生存率 腎臓がん3または4。これには以下が含まれます。

外観に影響を与えるその他の要因は次のとおりです。

  • がんがXNUMXつ以上の離れた部位に拡がっている場合
  • 診断から体系的な治療の必要性までXNUMX年未満が経過した場合
  • 心配する
  • 治療の種類

今後

できるだけ早く治療を開始すれば、生存の可能性を高めることができます。 治療には、腫瘍を切除する手術、免疫療法薬、または標的薬が含まれる場合があります。

XNUMX年間の生存統計は、多数の人々を観察することによって決定されます。 ただし、がんの各症例は独特であり、数値を使用して個人の外観を予測することはできません。 腎臓がんがあり、平均余命を理解したい場合は、医師に相談してください。

段階別のXNUMX年生存率

StageFiveの生存率181%274%353%48%*出典:American Cancer Society

次のステップ

腎臓がんと診断された場合は、自分の病期と考えられる治療計画について医師に相談してください。 なぜ彼らが特定の治療法を選んだのか、あなたに役立つかもしれない代替治療計画があるのか​​など、多くの質問をすることを恐れないでください。

また、参加できる臨床試験について調べることもお勧めします。 臨床試験は、特に通常の治療オプションが効果的でないことが判明した場合に、新しい治療法を取得するための別の方法です。