高齢者の無関心は脳の縮小の兆候である可能性があり、それは新しいと言われています

新しい研究では、 ジャーナルNeurologyに16月XNUMX日公開、研究者は、無関心のある高齢者は、無関心の高齢者よりも脳の容積が少ないことを発見しました。 この研究には、認知症のない4,354人の参加者が参加し、平均年齢は76歳でした。

「記憶喪失の兆候が脳疾患に関連する脳の変化を示すことができるのと同様に、無関心は根本的な変化を示すこともあります」と、国立老化研究所の神経疫学者である研究著者のレノア・J・ローナーは声明で述べた。 .public、「無関心の症状は、認知症のない高齢者によく見られます。 そして、私たちの研究の参加者がうつ病のない無関心を持っていたという事実は、無関心自体がどのように脳疾患を示すことができるかに私たちの注意を引くはずです。 「」

関連ニュースを読む:研究により、緑茶がどのように記憶を改善するかが明らかになりました»

脳容積の減少に伴う無関心

研究者らは、MRスキャンによって測定された脳の体積を古い脳の指標として使用しました。 脳の容積は通常、年齢とともに減少しますが、より大きな喪失は、アルツハイマー病などの特定のタイプの認知症の存在を示している可能性があります。

脳の容積を測定することに加えて、研究者は参加者に無関心またはうつ病の兆候を示しているかどうかを判断するためにいくつかの質問をしました。 無関心の症状には、興味や感情の欠如、好きな活動をあきらめること、家にいることを好むこと、エネルギーの低下などがあります。

無関心を持っていなかった人々と比較して、無関心の1.4つ以上の症状を報告した人々は、灰白質の量が1.6%少なくなりました-学習が行われ、記憶が保存されている脳の領域です。 さらに、脳のさまざまな領域をつなぐ白質はXNUMX%低かった。

脳の変化について学ぶ:9種類の認知症»

高齢者のうつ病とは独立した無関心

「無関心は脳卒中や脳損傷のようなものの後に起こり得るものですが、認知症の文脈では関心がより最近のものです」と、研究に関係していなかったモンテフィオーレ医療センターの神経内科医であるジョー・ヴェルゲーゼ博士は言います。 「その理由のXNUMXつは、論文が指摘しているように、症状のいくつかが重なっているため、人々はしばしばうつ病と無関心を混同することです。」

この研究は、無関心とうつ病からの独立をサポートしています。 研究者がうつ病に苦しんでいる人々を除外したとき、結果は良好なままでした。 したがって、無関心の症状は、医師がうつ病を探すだけの場合に見落とされる脳の変化の兆候である可能性があります。

無関心を診断するためのより詳細な質問票が利用可能ですが、研究者はうつ病の診断ツールからのXNUMXつの質問を使用しました。 これにより、人の無関心のレベルのスナップショットをすばやく撮ることができました。

「それにもかかわらず、彼らが選んだ症状は、人々が一般的にうつ病よりも無関心であることに同意する症状です」とVergheseは言います。

脳の変化は認知症の人を結びつけます

この研究は、無関心な人々の影響を受けた脳の領域が、認知症によって変化した脳の部分に類似していることを示しました。

「彼らが見つけたのは、脳の容積が減少する多くの領域が、初期のアルツハイマー病で見られると予想される領域と同じであるということです。脳の記憶の座である海馬は、無関心の症状がなかった人と比較した無関心の症状。 「」

ただし、この変化はアルツハイマー病に典型的なものであるだけでなく、多くの種類の認知症の影響を受けた領域も含まれていました。

無関心な人の脳の変化は認知症の患者に起こるものと似ていますが、この研究では、無関心に苦しむすべての人が最終的に認知症を発症するかどうかは疑問視されていません。

「この研究は、無関心が初期の認知症の特徴であるとは実際には言っていません」とVergheseは言います。 「それは断面の融合を示しているだけです。おそらくそれは、初期段階で無関心になり、その後認知障害を引き起こす、いくつかの一般的な根本的なプロセスです。」

より多くの研究が必要ですが、それが無関心と認知症の一般的な原因である場合、医師は認知障害のリスクが高い人々を対象とする早期の警告サインとして興味やエネルギーの欠如を使用できる可能性があります。

「したがって、これらの高齢者に運動を強制し、より健康的なライフスタイルを導き、食事を改善することで、介入できる可能性があります」とVerghese氏は言います。 「常識と良い推奨事項、そして誰もが実践すべきことだと思うかもしれませんが、現実にはほとんどの人はそうしません。ある意味では、誰がより大きなリスクにさらされているかを特定し、それらの人々にそれらの介入を標的にする方が良いです。幅広い推奨事項を提示するだけです。」